361円 いちご大福のような味わい。北海道産小豆、福岡県産あまおう使用 あまおうの苺あんバター125g 食品 パン・ジャム・シリアル ジャム・はちみつ ジャム・コンフィチュール 361円 いちご大福のような味わい。北海道産小豆、福岡県産あまおう使用 あまおうの苺あんバター125g 食品 パン・ジャム・シリアル ジャム・はちみつ ジャム・コンフィチュール あまおうの苺あんバター125g,いちご大福のような味わい。北海道産小豆、福岡県産あまおう使用,tridentmarketing.com,食品 , パン・ジャム・シリアル , ジャム・はちみつ , ジャム・コンフィチュール,361円,/Larnaudian26025.html あまおうの苺あんバター125g,いちご大福のような味わい。北海道産小豆、福岡県産あまおう使用,tridentmarketing.com,食品 , パン・ジャム・シリアル , ジャム・はちみつ , ジャム・コンフィチュール,361円,/Larnaudian26025.html いちご大福のような味わい 北海道産小豆 福岡県産あまおう使用 あまおうの苺あんバター125g 別倉庫からの配送 いちご大福のような味わい 北海道産小豆 福岡県産あまおう使用 あまおうの苺あんバター125g 別倉庫からの配送

いちご大福のような味わい 新作販売 北海道産小豆 福岡県産あまおう使用 あまおうの苺あんバター125g 別倉庫からの配送

いちご大福のような味わい。北海道産小豆、福岡県産あまおう使用 あまおうの苺あんバター125g

361円

いちご大福のような味わい。北海道産小豆、福岡県産あまおう使用 あまおうの苺あんバター125g





北海道産の小豆を使用し、バターをたっぷりと加えて仕上げた「あんバター」に、福岡県産の「あまおう」を加えました。
あんこの風味とバター、濃厚なあまおうの味わいのバランスにこだわりました!
パンはもちろん、お餅や白玉にもおすすめの一品です!

商品説明
名称 あんスプレッド
原材料名 粒あん(小豆(北海道)、砂糖、還元水あめ、その他)、いちご(福岡県)、砂糖、水あめ、バター、食塩、寒天/甘味料(ソルビット)、グリシン、増粘剤(加工でんぷん)、(一部に乳成分を含む)
内容量 125g
賞味期限 製造日より180日
保存方法 直射日光を避け常温で保存(開封後要冷蔵)
製造者 (株)サンクゼール
長野県上水内郡飯綱町芋川1260
お問い合わせ先 0120-537002
ご注意 ※粒状に見えるものはいちごの種です。
※開封時、表面に白く見えるものはバターの油脂分ですので、安心してお召し上がり頂けます。
※「あまおう」は全農の登録商標です。
栄養成分表示
100g当たり
(推定値)
熱量 289kcal、たんぱく質 2.8g、脂質 5.4g、炭水化物 57.3g、食塩相当量 0.2g


いちご大福のような味わい。北海道産小豆、福岡県産あまおう使用 あまおうの苺あんバター125g

大牟田市動物園 05 ブタオザル マンドリル サバンナモンキー 大牟田のサルたち

大牟田市動物園 05

獣舎は古いですが、環境エンリッチメントに配慮されながら飼育されているサルたちを紹介します。

ブタオザル(ミナミブタオザル)  哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科
Macaca nemestrina

1997年9月15日生まれのメス「サクラ」さんです。
台の上がお気に入りです。

飼育員さんの気配を感じて、柵際で凝視しています。
甘えん坊な一面があるようです。

お尻が美しい色合いです。
ブタに似ていると言われる短めのしっぽです。

流し目でこちらを観察する「サクラ」さんです。

考え事をしている?訳では無く、後ろ足で器用に頭の上を掻いています。
手先がとても器用です。


マンドリル  哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科
Mandrillus sphinx

2017年5月26日に大牟田市動物園で生まれたメス「ルル」さんです。
麻酔無しで採血することに成功したオス「ガブ」の末娘になります。

娘の「ルル」を見守りながら、ゆったりと生活している母「リル」さんです。
2001年10月14日福岡生まれです。
昨年亡くなった「ガブ」との間で、「ルル」を含め5頭の子どもを出産し育てた偉大な母です。


サバンナモンキー  哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科
Chlorocebus aethiops

2005年5月7日に大牟田市動物園で生まれたオス「リド」さんです。

青色の睾丸と赤色のペニスが目立つオスのサバンナモンキーですが、「リド」さんは退色気味であまり目立っていませんでした。

人懐っこい性格のようで、飼育員さんに背中を触ってもらうのが大好きです。


にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
スポンサーサイト



京急油壺マリンパーク 05 バラヒラベラ テンス ハナハゼ 華やかさを感じる魚たち

京急油壺マリンパーク 05

最後の油壺で、控え目ですが水槽に華を与えていた魚たちを紹介します。

バラヒラベラ  条鰭綱スズキ目ベラ科
Iniistius verrens

肩に赤色の斑紋が入る雄相の美しい個体です。

側扁した体がテンスの仲間であることを示しています。
相模湾の真鶴半島や駿河湾の大瀬崎など限られた地域でしか見られない稀種のようです。

ブレた写真ですが、腹びれの長く伸長するのが特徴です。


テンス  条鰭綱スズキ目ベラ科
Iniistius dea

背びれ前端の2棘が伸びて格好いいテンスです。

肩に黒斑が入る個体と入らない個体がいます。
砂に潜るのが得意です。


ハナハゼ  条鰭綱スズキ目クロユリハゼ科
Ptereleotris hanae

青っぽい体色で、体側にオレンジのラインが走り、尾びれの軟条が伸びるのが特徴です。


ヒメゴンベ  条鰭綱スズキ目ゴンベ科
Cirrhitichthys oxycephalus

尾びれに斑が入り、体側の斑が縦に並ぶ(背骨と平行に並ぶ)感じになっているのが特徴です。


ミナミゴンベ  条鰭綱スズキ目ゴンベ科
Cirrhitichthys aprinus

えら蓋に入る黄色の縁取りのある黒斑が目立ちます。
名前にミナミと入りますが、温帯域にも適応しているゴンベです。


にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

大牟田市動物園 04 アオボウシインコ ハヤブサ ミサゴ 大牟田の多彩な鳥たち

大牟田市動物園 04

何年か前までは飼育されていたフィリピンオウムには残念ながら出会えませんでしたが、多彩な鳥たちが出迎えてくれました。

アオボウシインコ  鳥綱オウム目インコ科
Amazona aestiva

1992年3月31日に来園したメス「ひょーん」さんです。
ひょーんとかわいい声で鳴くことから付いた名前のようです。

器用に左足でつかんだキャベツをくちばしでちぎって上手に食べていました。

消防ホースを使って保持されていた横枝でまどろむ「ひょーん」さんです。


ハヤブサ  鳥綱ハヤブサ目ハヤブサ科
Falco peregrinus

実はインコに近縁と言われるようになったハヤブサです。
大牟田では、傷病鳥の保護を行っている関係で、多くの個体に出会うことが出来ました。
褐色気味の胸の羽毛と腹部のやや太めの黄斑模様から、まだ若いと推測された個体です。

こちらは青味がかった体色で、成鳥と思われた個体です。

黒目がちで、喉から胸が褐色で、腹部の斑もドット状で黄斑になっていないので、巣立ってからそんなに時間の経っていない明らかに若い個体です。


ミサゴ  鳥綱タカ目タカ科
Pandion haliaetus

この両眼視で、水面下の魚の位置を正確に把握し、ダイブして捕らえます。


オウギバト  鳥綱ハト目ハト科
Goura victoria
水筒 タンブラー おしゃれ ピクニック 【5と0の付く日限定!ポイント20倍!】水筒 コップ付き 子供 キッズ サーモマグ 保温 保冷 カバー付き おしゃれ 肩掛け thermo mug TRIP BOTTLE TP20-50 トリップボトル 持ち運び 女の子 男の子 ホワイト アイスブルー ピンク イエロー シトラスイエロー ブラック 500ml
大牟田では、繁殖しているオウギバトです。

鳥インフルエンザ対策にまじめに取り組み野鳥との接触を無くすため網を張った結果、残念ながら、かなり視認性の悪い展示になっていました。


エミュー  鳥綱ヒクイドリ目ヒクイドリ科
Dromaius novaehollandiae

人間で考えるとかかとを付けて普通に立っている姿勢になりますが、鳥がかかとをつけるとこの姿勢になります。
休息中のエミューです。


にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

京急油壺マリンパーク 04 マルヒラアジ マルアジ オキアジ 油壺のアジ軍団

京急油壺マリンパーク 04

最後の油壺マリンパークで出会えたアジたちを紹介します。

マルヒラアジ  条鰭綱スズキ目アジ科
Carangoides caeruleopinnatus

丸っこい体型ですが、やや吻が尖り気味です。
太めの横帯が入ります。

沿岸の浅場に生息し、刺身が相当美味と言われています。


マルアジ  条鰭綱スズキ目アジ科
Decapterus maruadsi

マアジよりも青味がかり、体の断面が丸くやや細身のマルアジです。

マアジと異なり、尾柄部に小離鰭(しょうりき)があります。


ギンガメアジ  条鰭綱スズキ目アジ科
Caranx sexfasciatus

赤目のギンガメアジ小サイズです。

えら蓋上端の黒斑が目立つギンガメアジ中サイズです。

成長し細長い印象に変わったギンガメアジ大サイズです。


カスミアジ  条鰭綱スズキ目アジ科
Caranx melampygus

同じメッキ軍団の中にあっては、体色が黄色くてギンガメアジともロウニンアジとも異質な印象を受けるカスミアジです。


ロウニンアジ  条鰭綱スズキ目アジ科
Caranx ignobilis

比較的まだ小型の個体で、ギンガメアジ集団に紛れていて存在感が薄かったのですが、顔つきは厳つくGTらしい風格を感じます。


オキアジ  条鰭綱スズキ目アジ科
Uraspis helvola

暗色の横帯が走り、横帯上に円形の斑紋が出ているオキアジの幼魚です。

丸っこいひれが可愛らしい感じです。


にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング

大牟田市動物園 03 キリン オオカンガルー 美味しそうに食べ歩くキリン

大牟田市動物園 03

雨の中、2頭のアミメふうのキリンとオオカンガルーを観察しました。

キリン  哺乳綱ウシ目(偶蹄目)キリン科
Giraffa camelopardalis

2005年9月30日名古屋市東山動物園で誕生し、2006年10月31日に来園したオス「リン」さんです。
舌と唇を使って、ひたすら木の葉を食べていました。

こちらの高い位置に設置した木の葉も食べます。

こちらの網フェンス際でも木の葉を食べます。
様々な場所に木の葉が設置してあり、飼育員さんの思惑通り採食時間を長くするエンリッチメントの効果が出ている感じがしました。

飼育場外の自然木の葉も食べていました。
元々「リン」さんは、カシの葉が大好きなようです。

飼育員さんが設置したフィーダーの中のペレットを長い舌を使って上手に食べていた「リン」さんです。
飼育員さんも記録用?なのか広報用?なのか分かりませんが、良い映像が撮れている感じでした。
「リン」さんは、かなり人懐っこい性格のようです。

2014年3月13日埼玉県こども動物自然公園で誕生し、2016年3月8日にブリーディングローンで来園したメス「プリン」さんです。
手すりについた水滴を舐めています。
塩気もあって美味しく、首を下げること無く高い位置で水分補給もできて一石二鳥です。

最初にキリン舎に到着した時には、舌を使って木の葉を食べていました。
その後、食が細いのか「リン」のようには食べ歩いていませんでした。

飼育員さんが気になりまって追いかけますが、飼育員さんが置いたフィーダーの中のペレットには興味が無いようでした。
「プリン」さんは少し怖がりな性格のようです。


オオカンガルー  哺乳綱カンガルー目(双前歯目)カンガルー科
Macropus giganteus

雨の中、何故か?背の高い草むらの中にたたずむオオカンガルーです。
動物園では、あまり見かけない光景です。

こちらは、フェンス際の木の下で仲良く雨を避けていた2頭です。


にほんブログ村

動物園・水族館・植物園ランキング
プロフィール

Author:Black Rhino
中学生の頃から、動物園・水族館に通い続ける動物好きのおっさんです。中途半端なホエールウォッチャーでもあり、バードウォッチャーでもあり、一応獣医師でもあり、日本さかな検定1級合格者でもあったりします。20年以上リクガメも飼い続けています。仕事と家庭を顧みながら、細々と趣味の「動物」に時間とお金を注ぎ込んでいます。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
QRコード